歴代会長·理事長·副会長

瀬島龍三

初代会長

永野茂門

初代理事長

中條髙德

二代目会長

小田村四郎

現副会長

葛西敬之

現副会長

屋山太郎

現会長

設立趣意

 私どもは、予てよりわが国の在るべき姿を模索し、また、将来のわが国の在り方を思案して参りました。その思いをより確実にし、国家運営の一翼になればとの強い意志で、この度、日本戦略研究フォーラムを設立いたしました。
 政治、経済、軍事、科学技術など広範かつ総合的な国家戦略研究を目的としたシンクタンクの設立が急務であるとの考えから、各界の叡智を結集し、21世紀前半におけるわが国の安全と繁栄のための国家戦略確立に資するべく、国際政治戦略、国際経済戦略、軍事戦略及び科学技術戦略研究を重点的に行うと共に、その研究によって導き出された戦略遂行のため、現行憲法、その他法体系の是正をはじめ、国内体制整備の案件についても提言したいと考えております。
 本フォーラム設立にあたり各界の先輩諸兄からも、多くのご賛同ご激励を得たことは誠に心強い限りであります。
 各位に於かれましては、国内はもとより、国際社会から信頼される国家を目指す本趣意にご賛同頂き、本フォーラムの活動の充実と発展のために、ご指導ご支援賜らんことを衷心よりお願い申し上げる次第であります。

平成11年3月1日
名称 一般社団法人 日本戦略研究フォーラム
(JAPAN FORUM FOR STRATEGIC STUDIES)
会長 屋山太郎(政治評論家)
副会長 小田村四郎 (前拓大総長)
葛西敬之(東海旅客鉄道㈱代表取締役名誉会長)
目的 本フォーラムは、各界の英知を結集し、政治・経済・軍事・科学技術など広範かつ総合的な観点から国家戦略を研究し、その成果を政策提言として、広く世に問うことによりわが国の国益の確保、及び国際社会における指導的地位の確立に寄与することを目的とする。
活動事業 国家戦略構築への寄与
・   総合的な国家戦略確立のための調査、研究及び提言
・   国際及び国内会議・講演会・シンポジウム・研究会の開催
・   国内外の研究機関との交流対話及び共同研究
・   調査・研究・活動成果の出版及び機関誌の刊行
・   その他、本会の目的を達成するために必要な事業
主要テーマ ◆世界秩序と日本の国益増進
    世界の多極化とアジア・太平洋へのパワーシフト、国連の位置づけ、国民国家の役割、グローバル経済の中での日本経済の成長等の問題を検討し、日本の国益を追求する。
◆世界共通の利益と日本の役割
    ・非伝統的脅威を含む全世界的な新たな脅威と日本の役割、大量破壊兵器の拡散防止、紛争(含むテロ)の予防・処理、食糧・エネルギーの安定供給、地球環境保全等の世界が直面する課題を検討し、日本の役割を模索する。
    ・地球共通の利益と日本の役割、軍備管理問題、人口問題、国際的犯罪取締問題、海上の安全確保問題等を検討し、日本の役割を模索する。
◆日本の総合国力の強化
    日本の防衛力、経済力、科学技術力、情報力、国際的発信力を強化する政策を立案・提言する。
◆情報と日本の対応
    国力の重要な要素である情報体制を強化するための政策を模索する。特に、情報革命を利用した日本の新・安全保障政策を立案・提言する。