米軍と人民解放軍 ―米国防総省の対中戦略

.

 

  著 者:布施 哲
  出版社:講談社
  発売日:2014年8月19日
  定 価:本体880円(税別)
  


Amazon「内容紹介」より
 中国海軍の「本当の実力」と「アキレス腱」、自衛隊に課せられた役割と米軍の反撃作戦とは――。
 アメリカが想定する米中紛争シミュレーションをもとに、「集団的自衛権」後の安全保障を考える。
--------------------------------------------------

 本書の第4章「米中衝突2030」では、台湾海峡危機と南シナ海危機に端を発する、日本と台湾を巻き込んだ米中の武力衝突を、「戦争シミュレーション」という形で描いている。
 「見えない攻撃」にさらされる日米…発火点としての南シナ海、中国製端末に仕込まれていたマルウェア、実弾演習を装った奇襲…
 在日米軍基地を襲うミサイル攻撃…人民解放軍が標的とするもの、迎撃を阻んだ自衛隊のDNA、在日米軍基地へのミサイル攻撃、嘉手納攻撃…
 人民解放軍が日本上陸…特殊部隊によるゲリラ戦術、全国各地を襲った一斉攻撃、東京湾に敷設された機雷、F‐22 vs.Su‐30、航空自衛隊の苦闘…
 米軍の視点から見た具体的なシナリオを紹介することによって、人民解放軍の現在と将来に関する読者の方々の理解が、もっとも進められると思うからだ。
 今後のアジアの将来を決めるのは米国と中国であることは間違いないだろう。日本はその米国に国家安全保障を依存し、物理的には米中の狭間に位置しながら経済的、軍事的に膨張する中国のパワーと最前線で対峙している。
 質量ともに日本が単独で中国のパワーと対峙できる局面はとっくに過ぎ、米国の軍事力や影響力を日本のパワーとして取り込んでいくことが死活的な利益と言える。
 その意味で米国、とりわけ米軍が中国をどう捉えているのか、という視点は日本の国益に直結すると言っていい。

--------------------------------------------------
【おもな内容】
 第1章 米中パワーゲームの「実態」―米国が狙う経済的利益と中国の本音
 第2章 人民解放軍の脅威―中国「A2/AD」能力の全貌
 第3章 米軍の作戦コンセプト―「エア・シー・バトル」とは何か
 第4章 米中衝突2030