「日露陸戦国際法論」を読み解く

.

 

著者 佐藤庫八(元陸上自衛隊幹部恰好防衛法制教官/千葉科学大学危機管理学部教授)

武力紛争法の研究書
戦争にはルール(規則)がある—国際法を遵守して闘うために、幹部自衛官必読・必備の基本図書!明治の軍人は、文明国軍隊の軍人として国際法にのっとり正々堂々と戦ってきました。
本書は、その戦いぶりを広く欧米社会に知らしめるため刊行された『日露陸戦国際法論』を要約・解説したものです。
とくに現代戦に適用可能な部分を抜粋してあります。同書の著者は満洲軍の国際法顧問、陸軍大学校教官有賀長雄博士です。
本書により、敵が白旗を掲げた場合の対応、降伏勧告の要領等々、戦闘中に生起する諸問題とその解決法を学ぶことができます。
(元1等陸佐・佐藤庫八) 

好評発売中
定価2500円+税