クーデターとタイ政治 ―日本大使の1035日

.

 

  著 者:小林 秀明
  出版社:ゆまに書房
  発売日:2010年4月15日
  定 価:本体1800円(税別)
  


Amazon「内容紹介」より
 「タクシン首相。あなたが現在のような状況に陥ったのは、喩えて言えば、あなたが『バンコック・エスタブリッシュメント』という虎のシッポを踏んでしまったためと私は考えているのですが、どうでしょうか。」タクシン氏は、意外な質問に多少驚いた様子だったが、・・・・(まえがきより) 世界をおどろかせた2006年9月19日の反タクシン派による軍事クーデター、そして2008年8月の首相官邸占拠事件当時にバンコック駐在日本大使であった著者が、タイ政治の激動を描く。タクシン政権末期から、クーデターによって成立したスラユット政権、そして親タクシン派のサマック政権末期まで。