陸軍士官学校の人間学

.

 

  著 者:中條 高徳
  出版社:講談社
  発売日:2010年5月21日
  定 価:本体838円(税別)
  


Amazon「内容紹介」より
 倒産寸前→シェア1位
 No.1ビールが証明する古き良き日本力!!
 戦争は究極の、人間の「研ぎ器」だ!!ビジネスに勝つ「兵法」7つの秘訣!

 「兵法」と聞くと読者の皆さんは、何やら軍国主義的で血なまぐさいものという印象を持たれるかもしれません。しかし、兵法は戦争を奨励するものでもなければ、残酷なものでもない。古今東西、あらゆる戦いを制するための知恵が詰まった、「勝利への教科書」が兵法なのです。まさに、戦いの勝敗がそのまま自分や同志の生死に直結する時代に編み出された、「究極の知恵」といえるでしょう。これをビジネスに応用し、的確に実行に移すことができれば、負けるはずがない――。私はアサヒを救うのはもはや兵法しかないと思い、兵法こそがアサヒ全社員の向かうべき道筋を「再生」の一点に合わせる、唯一無二の方策であると考えたのでした。

 ●指揮官は富士山のごとくあれ
 ●リーダーの大原則「慎独」とは
 ●「他責の打ち合い」を排除すると
 ●指揮官はあえて梯子を外せ
 ●大決起集会で生まれた気づきとは
 ●熱き涙を流しあえる「戦友」を
 ●「正しい独断」とは何か
 ●兵法の究極――一点集中
 ●ビール業界の常識を覆した奇襲
 ●羊の軍勢が獅子の軍勢に勝つには