「昭和」を生きた台湾青年
日本に亡命した台湾独立運動者の回想1924-1949

.

 

  著 者:王 育徳
  出版社:草思社
  発売日:2011年3月25日
  定 価:本体2200円(税別)
  


Amazon「内容紹介」より
 中国国民党軍によって兄を殺されたのちに日本へ脱出。民主化を求めて蔣介石の独裁と戦った台湾の亡命知識人が、多感な青春期を送った日本時代を回想。封建制が色濃く残る生家への反発、熱誠あふれる日本人教師との交流、大陸から来た中国人への違和感――。自身の成長の軌跡とかさねて近代化の途上にあった台湾社会の諸相を活写した貴重な記録。