国際社会における日本の歴史観を正しく認識してもらうために「対外発信助成会」を設立いたしました。多くの方々のご賛同をお待ちしております。(詳しくはこちら)


澁谷 司の「チャイナ・ウォッチ」 -290-
中国で急増する「空巣青年」
(2018年4月26日)

 一昔前、中国では「蟻族」が登場した。大卒という“高学歴”でも、なかなか就職の決まらない若者達である。アルバイトをしながら、狭いアパートで共同生活する。ほぼ同時期に、「蟻族」よりも悲惨な「鼠族」も出現した。彼らは都市の住居費が高いため、陽の当たらない地下に住ま ...

全文

「日米首脳会談で直面した2つの大問題」
―重要課題に目を背け政権批判を続ける野党に政治家としての資質を問う―
(2018年4月25日)

 トランプ・安倍首脳会談によって、日本は2つの大問題に直面した。1つは北朝鮮に中・短距離ミサイルまで廃棄させることができるか。2つは貿易政策をTPPのように多国間で運用すべきか、米国がいうように2国間協定でやるべきかである。 ...

全文

国連が見た「不幸な日本人」
(2018年4月23日)

 先月、国連が「世界幸福度ランキング2018」なる報告書を発表した。この報告書によると、日本は調査対象となった156ヵ国の中で54位、先進国の中ではほぼ最低クラスで、日本以下はポルトガルとギリシャのみである。その一方でブラジルやメキシコといった中南米の国々は軒 ...

全文

北朝鮮の「核実験やミサイル発射実験を中止」は、 核・ミサイルを廃棄する具体的行動ではない
(2018年4月23日)

 北朝鮮は朝鮮労働党中央委員会総会で、4月21日から核実験や弾道ミサイルの発射実験を中止すると決定し、北部の核実験場を廃棄すると決めた。
 だが、これらのことは、核・ミサイルを廃棄するということではない。1・2回目の交渉と同じように、 ...

全文

澁谷 司の「チャイナ・ウォッチ」 -289-
安倍外交への悪評と金正恩外交への好評
(2018年4月20日)

 今年(2018年)2月から3月にかけて、韓国では平昌オリンピック・パラリンピック(以下、平昌五輪)が開催された。これを境に、朝鮮半島情勢は一気に流動化し、和平ムードが高まった。平昌五輪前、米朝間では戦争の危機が叫ばれていた。だが、局面がガラリ一変している。 ...

全文

「『反自民』で結集を試みる野党」
―政策無き野合は国民への背信行為―
(2018年4月18日)

 一強多弱の状況のまま選挙に突入すれば、野党の側に勝ち目はない。このため野党を一本化し、共産党も候補者を下して協力するのは有効だ。しかし反自民という旗だけ掲げることは、野党が何を考え、何を目標にしているかを分からなくする。旗幟を鮮明にして、その方針に賛成する人 ...

全文

新刊のご紹介
(2018年4月18日)

 当フォーラムの季報へ多くの執筆をいただいております、防衛省防衛研究所主任研究官の下平拓哉氏の記事が米海軍協会(U.S. Naval Institution)機関誌 Proceedings Today(Online)に掲載されていますので、ご覧ください。 ...

全文