秦郁彦著『慰安婦と戦場の性』を基にした「慰安婦」に関する専門書を英訳本‘Comfort Women and Sex in the Battle Zone’として出版致しました。(詳しくはこちら)


【海外セミナー報告】「東シナ海を巡る安全保障環境の変化と国際社会の対応」~北東アジアの安全保障環境―法の支配と地域秩序~
(2019年3月12日)

 内閣府の委託を受けて、2月22日にベルギーのブリュッセルにおいて、竹島問題と尖閣諸島を巡る状況を焦点に、「北東アジアの安全保障環境―法の支配と地域秩序」というタイトルでセミナーを開催致しましたのでご報告致します。 ...

全文

澁谷 司の「チャイナ・ウォッチ」 -408-
「香港内戦」の遠因・近因とその背景
(2019年11月15日)

 今年(2019年)10月1日、中国の国慶節を機に、6月から始まった香港の「逃亡犯条例改正案」反対デモ(「反送中」デモ)への香港警察の対応が荒っぽくなっている。更に、11月4日、習近平主席と林鄭月娥香港行政長官が上海で会談して以来、それが顕著になった。 ...

全文

IOC(国際オリンピック委員会)は何様だ
「アスリートファースト」を語る資格なし
(2019年11月14日)

 来年の東京五輪でのマラソンと競歩がIOCの独断で札幌市に変更されることが決まった。IOCのバッハ会長やコーツ調整委員長らは、9月に行なわれたドーハでのマラソンや競歩で多くの棄権者が出たことを理由にしている。しかし、東京の7月、 ...

全文

「身の丈発言について」
(2019年11月13日)

 萩生田光一文部科学相の「身の丈発言」についての朝日新聞を見ていると、文相辞任までほのめかし、安倍内閣が致命傷を負ったかのように感じさせる。萩生田氏の身の丈発言はBSフジの番組で、来年度から始まるはずだった大学入試の英語のヒヤリング試験をめぐる説明の中で出た。 ...

全文

澁谷 司の「チャイナ・ウォッチ」 -407-
中国の総債務
(2019年11月12日)

 今年(2019年)11月11日、中国の「独身の日」、ネット通販最大手のアリババのセールが過去最高を記録した、と日本メディアはこぞって報じた。これは、同国の消費が未だ旺盛である事を世界にアピールする中国共産党の“策略”だろう。日本メディアはそれに踊らされている ...

全文

澁谷 司の「チャイナ・ウォッチ」 -406-
中国共産党「4中全会」と香港情勢
(2019年11月7日)

 今年(2019年)10月28日から31日まで、中国共産党第19期「4中全会」がようやく開催された。周知の如く、中国政治は、いつもブラックボックスの中で行われる。その限られた情報によれば、「4中全会」では、(1)後継者問題、(2)経済問題、 ...

全文

『JBpress』掲載
「団結して中国と対決を」世界に呼びかける米国 ―安倍政権とますます乖離する米国の対中姿勢―
(2019年11月6日)

 当フォーラム顧問で麗澤大学特別教授の古森義久氏の記事が『JBpress』に掲載されていますので、ご案内致します。
● 「団結して中国と対決を」世界に呼びかける米国 ―安倍政権とますます乖離する米国の対中姿勢― ...

全文