国際社会における日本の歴史観を正しく認識してもらうために「対外発信助成会」を設立いたしました。多くの方々のご賛同をお待ちしております。(詳しくはこちら)


7年間のシリア内戦がもたらした未曽有の惨禍
(2018年7月20日)

 7年以上続いて来たシリアの内戦が「アサド政権の勝利」という形で終息に近付いている。2011年3月に発生したシリアでの「アラブの春」はアサド政権による民主化運動弾圧を招き、半年後には政府軍と反政府武装勢力との間の果てしない戦闘に発展した。今、アサド政権は国土の ...

全文

澁谷 司の「チャイナ・ウォッチ」 -308-
再開された中国共産党内の暗闘
(2018年7月20日)

 今年(2018年)7月9日付『人民日報』(中国共産党機関紙)の第1面が奇妙だと話題になっている。習近平主席の文字と写真がまったく掲載されていなかったからである。7月19日現在、同日以外、7月第1面はすべて習主席礼賛のオンパレードだった。 ...

全文

「米主導貿易戦争突入」
―貿易新時代で新たな秩序構築―
(2018年7月18日)

 トランプ大統領が引き起こした貿易戦争が世界中の市場を混乱させている。何十年もの間、秩序を保って動いてきた市場はタガが外れて世界的に大混乱だ。トランプ氏への非難が一段と高まったようだ。だが、これまでの秩序が公平で正しいものだったのかは、甚だ疑問だ。特に米国にと ...

全文

そんな知識レベルで大メディアと言えますか?
~北朝鮮の核廃棄はあり得ない、安全保障は長期的視点で~
(2018年7月18日)

 7月12日、某新聞の電子版に次のような見出しで記事が掲載された。「ミサイル防衛『矛盾』なぜ 警戒縮小、システムは配備拡大 北朝鮮脅威遠のき 背景に米中2大国」中身を読んで、安全保障に対する理解度の低さに今更ながら驚いた。テレビのワイドショーならまだしも、 ...

全文

澁谷 司の「チャイナ・ウォッチ」 -307-
米中貿易戦争とドイツ
(2018年7月17日)

 最近、中国とドイツが急接近している。これを見ると、第2次大戦前、「中独合作」があった事を思い出さずにはいられない。今年(2018年)3月、トランプ米政権が中国に対し貿易戦争を仕掛けた。中国からの輸入製品に対し25%の関税をかけている。 ...

全文

宋王朝滅亡の歴史から学ぶ中国の対米強硬策
(2018年7月13日)

 米中貿易戦争が抜き差しならない状況に立ち至りつつある。安全保障をめぐる南シナ海や台湾海峡での米中角逐からも目が離せない。トランプ政権が中国に圧力を加える時、中国人が見せる硬軟両様の反応は外交的に慎重に分析される必要がある。習近平指導部は明らかに過去の歴史から ...

全文