【お知らせ】 国際社会における日本の歴史観を正しく認識してもらうために「対外発信助成会」を設立いたしました。多くの方々のご賛同をお待ちしております。(詳しくはこちら)


新刊のご紹介
(2017年2月2日)

『わたしなら日本をこう守る - 半世紀 日米同盟を支えた“侍"の大戦略』
著者:ジェームス・E・アワー
出版社:ワニブックス
定価:830円(税別)  ...

全文

澁谷 司の「チャイナ・ウォッチ」 -195-
香港から突然失踪した中国の大富豪
(2017年2月2日)

今年(2017年)1月27日(旧暦大晦日)、中国有数の大富豪、蕭(肖)建華(45歳)が、突然、香港セントラル(中環)のフォーシーズンズホテルから失踪した(妻の周虹文も、蕭と一緒に拉致されたが、すぐに大陸から香港へ戻って来ている)。 ...

全文

澁谷 司の「チャイナ・ウォッチ」 -194-
もし米国に「国家意志」があるとするならば
(2017年1月31日)

 今年(2017年)1月20日、米国でドナルド・トランプ第45代大統領が就任した。就任後、トランプ米新大統領は様々な「大統領令」に署名し、物議を醸している。とりわけ、一時的にせよ、イスラム圏の7ヶ国(シリア、イラク、イラン、スーダン、リビア、ソマ ...

全文

トランプ氏、メイ首相に欠ける「グローバリズム」観
―自由貿易体制を守るのは貿易協定方式しかない―
(2017年1月25日)

 トランプ米新大統領が公約通りTPP(環太平洋戦略的経済連携協定)からの脱退に加えて、NAFTA(北米自由貿易協定)についての再交渉を求めると発表した。一方イギリスのメイ首相はEUからの完全離脱を表明した。 ...

全文

澁谷 司の「チャイナ・ウォッチ」 -192-
北京の地下鉄で集団自殺した天津詐欺被害者
(2017年1月24日)

 昨2016年12月26日、天津市「渤海商品取引所」で詐欺に遭った8人(男性3人女性5人、年齢は30歳~60歳で出身地もバラバラ)が北京へ陳情に行った。だが、受け入れられなかったため、彼らは北京の地下鉄車内で4人ずつ時間差で農薬を飲み、集団自殺を遂げたという( ...

全文