国際社会における日本の歴史観を正しく認識してもらうために「対外発信助成会」を設立いたしました。多くの方々のご賛同をお待ちしております。(詳しくはこちら)


澁谷 司の「チャイナ・ウォッチ」 -282-
「台湾旅行法」と米国務次官補代理の訪台
(2018年3月26日)

 今年(2018年)3月16日(米東部時間。日本時間17日)、トランプ米大統領が「台湾旅行法」(Taiwan Travel Act)に署名した。まもなくゲリット・ヴァン・ダー・ウィーズ(Gerrit van der Wees)が『ザ・ディプロマット』(“The Diplomat”3月19日付)に、 ...

全文

台湾での日米台安全保障対話
(2018年3月23日)

 私は、3月7日から12日まで、台湾シンクタンク(TTT)が主催する「日米台安全保障対話」に招待され参加した。テーマは、「自由で開かれたインド太平洋戦略」と「台湾の防衛」であったが、改めて認識したのは中華人民共和国(=中国)の脅威であり、台湾防衛の難しさであり ...

全文

澁谷 司の「チャイナ・ウォッチ」 -281-
第13期全人大と米中貿易戦争の勃発
(2018年3月23日)

 今年(2018年)3月20日、中国では16日間に亘る第13期全国人民代表大会(全人代)第1回会議が終了した。既報の通り、憲法から国家主席・国家副主席の2期10年という任期が削除された。そこで、習近平主席の任期が終身となる。本来ならば、定年で引退を余儀なくされた王岐山だが、 ...

全文

「『森友問題』に見る日本の官僚の勘違い」
―憲法41条を学べ―
(2018年3月21日)

 「森友学園」をめぐる財務官僚の行動を見ると「この連中は憲法41条を知らないのではないか」とさえ思う。41条は「国会は国権の最高機関であって、国の唯一の立法機関である」と書いている。にもかかわらず大多数の官僚は「行政が最高の権力を持っている」と錯覚している。  ...

全文

澁谷 司の「チャイナ・ウォッチ」 -280-
「両会」と中国東方航空乱交事件
(2018年3月19日)

 毎年3月、中国では「両会」と呼ばれる全国人民代表大会(全人代)と政治協商会議が行われる。今年(2018年)は3月3日、政治協商会議(国政助言機関)が開幕し、13日間の日程を終え、16日に閉幕した。一方、全人代(本来は国家の最高機関。 ...

全文

ベトナム戦争時の大量虐殺を謝罪しない韓国
(2018年3月16日)

 ベトナム戦争に参戦した韓国軍が主に1966年から68年にかけてベトナム民間人多数を虐殺した事実は余り知られていない。米国からの要請を受けてベトナムの戦場に派遣された韓国軍兵士は延べ32万人と言われ、主にベトナム中部において北ベトナム軍及びベトコン(南ベトナム ...

全文