秦郁彦著『慰安婦と戦場の性』を基にした「慰安婦」に関する専門書を英訳本‘Comfort Women and Sex in the Battle Zone’として出版致しました。(詳しくはこちら)


【海外セミナー報告】「東シナ海を巡る安全保障環境の変化と国際社会の対応」~北東アジアの安全保障環境―法の支配と地域秩序~
(2019年3月12日)

 内閣府の委託を受けて、2月22日にベルギーのブリュッセルにおいて、竹島問題と尖閣諸島を巡る状況を焦点に、「北東アジアの安全保障環境―法の支配と地域秩序」というタイトルでセミナーを開催致しましたのでご報告致します。 ...

全文

澁谷 司の「チャイナ・ウォッチ」 -374-
経済論理では説明できない「米中新冷戦」
(2019年5月14日)

 今年(2019年)5月10日、米トランプ政権は、2000億米ドル(約22兆円)相当の中国製品に、今まで10%だった関税を25%まで引き上げた。更に、米国は3000億米ドル(約33兆円)相当の中国製品(3805品目)に対し、同じく25%の関税を課す構えである。 ...

全文

再考:F35は誰のものか
(2019年5月10日)

 前稿(「F-35Aは誰のものか?」)以降、F-35に関して2つの大きな出来事があった。昨年末、最終的にF-35Aを105機、STOVL機(F-35B)を42機の合計147機を取得することが決定されたこと。そして、4月9日、国内組立(FACO)初号機79-87 ...

全文

Taiwan's National Security Is at Risk
(2019年5月9日)

 当フォーラムの上席研究員である、グラント F・ニューシャム氏の記事が『THE NATIONAL INTEREST』に掲載されていますのでご紹介致します。 ...

全文

「大阪の革命的地方選挙」
―大阪都構想問題を国政の真正面から捉えよ―
(2019年5月8日)

 大阪で起こった革命的地方選挙を見てみる。大阪府議会では維新の会が議員の過半数に2票足りなかった。従って大阪都構想案を成立させるには府議会であと2議席増やしてからやるべしと反維新陣営は語っている。一方の維新の会側は大阪府と兵庫県の6つの国政選挙区から公明党が各 ...

全文

朝露会談、プーチンは「出先で金正恩に会ってやった」態度
―北朝鮮は「朝露親善の新時代を開いた歴史的な対面」と伝えたが―
(2019年5月7日)

 北朝鮮国営テレビは、朝露首脳会談(4月25日)の記録映画を作成した。「朝露親善の新時代を開いた歴史的な対面」というタイトルで、「新たな情勢下で画期的な転換になった」と伝えるものであった。 ...

全文

「平成から令和へ」
―戦後日本の偏向教育を正すとき―
(2019年5月1日)

 平成から令和に元号が変わった。私の家柄は天皇家と何のかかわりもないが、天皇家の行事には深い関心を抱いてきた。平成天皇、皇后陛下がサイパン島、ペリリュー島に慰霊に行かれた時は、私の願いを直接聞かれたのかと思った。太平洋に向かって深くお辞儀する姿は、日本人を代表 ...

全文

澁谷 司の「チャイナ・ウォッチ」 -373-
次期台湾総統選挙に対する米中の思惑
(2019年4月25日)

 今年(2019年)4月17日、鴻海精密工業(ホンハイ)の会長、郭台銘が、2020年1月の次期台湾総統選挙への出馬を宣言した。鴻海と言えば、3年前、日本のシャープを買収した会社なので、我が国でもよく知られている。中国大陸では「富士康」(フォクスコン)という名称で通っている。 ...

全文