国際社会における日本の歴史観を正しく認識してもらうために「対外発信助成会」を設立いたしました。多くの方々のご賛同をお待ちしております。(詳しくはこちら)


下平拓哉氏が国際安全保障学会年次大会で発表されます
(2017年11月30日)

 当フォーラムの季報へ多くの執筆をいただいています、防衛省防衛研究所主任研究官の下平拓哉氏が、「国際安全保障学会2017年度年次大会」において発表されます。また、防衛研究所HPに下平氏が執筆された「米海軍戦略の動向」が掲載されていますので、ご覧ください。 ...

全文

澁谷 司の「チャイナ・ウォッチ」 -266-
馬英九前総統の「慶富造船事件」関与疑惑
(2017年11月30日)

 現在、馬英九前台湾総統が「慶富造船事件」に関与した疑惑が浮上している。1989年、慶富造船(以下、慶富)は、陳慶男によって高雄市旗津区に創立された。慶富は本業の造船以外に漁業経営、タンカー輸送、魚産物貿易、衛星情報、オートバイの製造等を手掛けている ...

全文

「TPPは自由主義経済圏のルールで締結」
―今、中国の融和政策に乗るのは危ない―
(2017年11月29日)

 環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)は5年半の歳月をかけて2016年2月に署名したが、翌17年1月にトランプ大統領が離脱のための大統領令に署名したことで、発効が不可能になった。アメリカと同一歩調というのが、これまでの日本外交の常だったが、安倍首相は即座に「米 ...

全文

欧州に見る「外交は内政の反映」、今こそ日本の出番
(2017年11月23日)

 ドイツのメルケル首相がかつてない困難に直面している。9月の連邦議会選挙で単独過半数を失い、連立協議も不調で少数政権でのスタートを余儀なくされそうである。これで行き詰まるようなら再選挙という選択もあり得るが、再び過半数をとれなければ辞任せざるを得ないであろう。 ...

全文

澁谷 司の「チャイナ・ウォッチ」 -265-
中国による北への「特使」宋濤派遣の不可解
(2017年11月22日)

 今年(2017年)11月17日、習近平主席の親書を携えて宋濤が北朝鮮への「特使」として派遣された。トランプ米大統領は、その前日、自身のツイッターで、習主席が北に「特使」を派遣した事は、北朝鮮問題解決のための「大きな前進だ」と賞賛している。 ...

全文

「日馬富士関暴行事件に思う」
―相撲道を語り継げない親方資質が露呈―
(2017年11月22日)

 日馬富士関(33)が同じモンゴル出身の幕内貴ノ岩関(27)に暴行を加えた。酒の席とは言えビール瓶で頭を殴ったという一報は、不問にはできない。不問にしようと思ってか、白鵬関が「殴る前に自分がビール瓶を取り上げた」などとかばっている。この際、相撲界の在り方を相撲 ...

全文