【お知らせ①】 第37回 定例シンポジウムを開催致します。 テーマ:「朝鮮半島の現状と将来像」 ―日・米・中・露はどう見る―  登壇者:屋山太郎氏、武藤正敏氏、百田尚樹氏、村井友秀氏、ケント・ギルバート氏  開催日時:平成29年10月19日(木)14:00~  多くの方々のご参加をお待ち申しております。  【お知らせ②】 国際社会における日本の歴史観を正しく認識してもらうために「対外発信助成会」を設立いたしました。多くの方々のご賛同をお待ちしております。(詳しくはこちら)


介護の現場を志すベトナムの若者たち
(2017年9月11日)

 日本の介護施設における人材不足が言われて久しい。これから高齢化がますます進む中で、介護人材の不足は大きな社会問題になりつつある。厚生労働省も介護報酬の引き上げや介護経験者の職場復帰奨励などいろいろと知恵を絞っているようだが、人材確保に向けた有効な手立て、決め ...

全文

新刊のご紹介
(2017年9月11日)

『習近平の「三戦」を暴く‼ ―尖閣諸島はこうして盗られる―』
監修:屋山 太郎
編集: (一社)日本戦略研究フォーラム
出版社:海竜社 ...

全文

澁谷 司の「チャイナ・ウォッチ」 -242-
習近平主席による軍トップの入れ替え
(2017年9月11日)

 今年(2017年)9月6日、中国人民解放軍と武装警察系統の「19大」(中国共産党第19回全国代表大会)代表のリストが公表された。その中には、解放軍の代表253人、武装警察部隊の代表50人が掲載されている。 しかし、毛沢東主席の孫、毛新宇少将(毛沢東と楊開慧の ...

全文

澁谷 司の「チャイナ・ウォッチ」 -241-
何清漣の中国経済分析概要
(2017年9月8日)

 国際通貨基金(IMF)は、中国政府の公表する数字に対し寛容である。例えば、北京の発表するGDPに関して、殆ど何の疑いも抱かずに、その数字を使用している。そのIMFが、今年(2017年)、中国的家庭・企業・政府の債務のGDPに占める割合が、 ...

全文

北朝鮮の核保有を認めざるを得ない米国
~日本に求められるタブーなき冷静な核抑止議論~
(2017年9月7日)

 北朝鮮は9月3日、日米韓など国際社会の警告を無視して、6回目の核実験を強行した。7月には2度にわたる大陸間弾道ミサイル「火星14」の試験発射を実施した。8月5日にはこれまでにない強い国連制裁決議がなされた。だが、これを無視するかのように8月29日、中距離弾道 ...

全文

「代表交代で同じ轍を踏む?民進党」
―民共共闘を止めなければ政権政党にはなれない―
(2017年9月6日)

 溶解寸前の民進党が前原誠司氏の代表就任によって、かろうじて踏みとどまった感がある。代表選挙に当たって8票の無効票が出たことが、出るか残るか迷っている議員心理を物語っている。前原氏が枝野幸男氏を代表代行に据えたのは挙党一致を願ってのことだろうが、これが裏目に出 ...

全文