秦郁彦著『慰安婦と戦場の性』を基にした「慰安婦」に関する専門書を英訳本‘Comfort Women and Sex in the Battle Zone’として出版致しました。(詳しくはこちら)


【海外セミナー報告】「東シナ海を巡る安全保障環境の変化と国際社会の対応」~北東アジアの安全保障環境―法の支配と地域秩序~
(2019年3月12日)

 内閣府の委託を受けて、2月22日にベルギーのブリュッセルにおいて、竹島問題と尖閣諸島を巡る状況を焦点に、「北東アジアの安全保障環境―法の支配と地域秩序」というタイトルでセミナーを開催致しましたのでご報告致します。 ...

全文

Stories about comfort women not accurate: historian
(2019年4月15日)

 当フォーラムの上席研究員である、ジェイソン M・モーガン氏の記事が『ASIA TIMES』に掲載されていますので、ご案内致します。
● Stories about comfort women not accurate: historian
By Jason M・Morgan ...

全文

澁谷 司の「チャイナ・ウォッチ」 -370-
中国クラウドファンディング会社倒産事件
(2019年4月12日)

 今年(2019年)、広東省東莞市の「東莞団貸網インターネット科技服務有限公司」(www.tuandai.com。以下、「団貸網」)という大手「P2P」会社が倒産した。全国でトップ10に入っていた企業だった。元来、「P2P」(Peer to Peerの略)とは、 ...

全文

「国際条約を弄び日本を金づるにする韓国」
―筋違いの請求をし続ける韓国に国際社会の信頼は得られない―
(2019年4月10日)

 1965年にケリがついたはずの日韓基本条約をめぐって、韓国の最高裁大法院は個人賠償請求権を認め、「日本は早く払え」と韓国からせっつかれている。これを見るとあの「基本条約」の約束はどうしたのかと不可解になる。さらに払えと言っている韓国人は自らの主張が正しいと思 ...

全文

澁谷 司の「チャイナ・ウォッチ」 -369-
習政権を批判した中国有名大学教授の失職
(2019年4月9日)

 今年(2019年)3月、北京大学と並ぶ名門、清華大学法学部の許章潤教授が習近平政権を批判したため、失職へと追い込まれた。許教授は著名な学者なので、現時点では、逮捕されるまでには至っていない(ひょっとすると、近い将来、拘束される恐れもある)。 昨2018年7月 ...

全文

澁谷 司の「チャイナ・ウォッチ」 -368-
アジアで猛威を振るう「アフリカ豚コレラ」
(2019年4月5日)

 今年(2019年)4月3日、国際獣疫事務局(OIE)は、カンボジアから同国において初めて「アフリカ豚コレラ」(以下、ASF)が発症したという報告を受けている。そして、OIEはそれを公表した。 カンボジアは、中国、モンゴル、ベトナムについで、アジアでは4番目の ...

全文

澁谷 司の「チャイナ・ウォッチ」 -367-
中国にとっての米中貿易戦争と「一帯一路」
(2019年4月4日)

 米中貿易摩擦をめぐり、一部の経済学者やエコノミストから楽観論が出ている。近く米中貿易戦争が、双方の妥協によって終結するのではないかという推測である。だが、それは単なる“希望的観測”に過ぎないのではないか。 それは、主に2つの理由による。 ...

全文

「日産資金を私物化したゴーン前会長とソニーを再興し退任する平井前会長」
―カネにまつわる小賢しさは卑しい人品評価となる―
(2019年4月3日)

 カルロス・ゴーン日産前会長は、日産資金を自分の投機の損失に埋めたとか、役員報酬を有価証券報告書に過少に申告したなどの容疑で裁判を待っている。投機の損失に使ったとか役員報酬の過少申告などはれっきとした犯罪であるから、日産自体も自ら「ガバナンス改革特別委員会」を ...

全文