秦郁彦著『慰安婦と戦場の性』を基にした「慰安婦」に関する専門書を英訳本‘Comfort Women and Sex in the Battle Zone’として出版致しました。(詳しくはこちら)


インドはなぜ「スポーツ小国」なのか
(2018年9月3日)

 インドネシアで開催されていたアジア大会が終わった。日本選手団は競泳を始めとしてまずまずの好成績を収め、メダル獲得数も金75個を含む205個で全参加国の中で中国に次いで2番目であった。韓国がメダル177個(金49)を獲得して3番目に入ったのも順当なところだろう ...

全文

新刊のご紹介
(2018年8月31日)

『この祖国、感謝しつつもなお批判あり』
著者:渡邉 巌
出版社:東洋出版
定価:1500円(税別)  ...

全文

「今こそ日本版『台湾関係法』を作る時」
―“一帯一路”覇権政策の本質を見極めよ―
(2018年8月29日)

 エルサルバドルが台湾との国交を断絶した。16年5月に民主進歩党の蔡英文政権が発足してから、台湾と断交した国は5ヵ国目となった。なお、外交関係を持つ国は17ヵ国あるが、中国の圧力によって、いずれ台湾切りに動くのではないか。今回エルサルバドルが中国と国交を結んだ ...

全文

澁谷 司の「チャイナ・ウォッチ」 -315-
“左翼”学生の登場は習政権瓦解の兆しか?
(2018年8月29日)

 最近、中国では実に不可解な事件―労働争議―が起きている。
 労働争議自体は、全国各地で頻発しているので決して珍しい事ではない。
 『中国労工通訊』のデータでは、今年(2018年)8月までの過去1年間、全中国で発生した労働者のストライキや抗議活動は ...

全文

平昌冬季五輪後の不法残留外国人に頭を抱える韓国
(2018年8月27日)

 最近、韓国法務省が明らかにしたところによると、平昌冬季五輪の際に入国した外国人約35万人のうち同五輪後に出国せず韓国に不法残留している者の数が1万人を超えるという。韓国政府は去る2月に開催された冬季五輪への外国人客呼び込みのため90日間のビザなし渡航を認める ...

全文

澁谷 司の「チャイナ・ウォッチ」-314-
蔡英文の中南米訪問と米国の厚遇
(2018年8月24日)

今年(2018年)8月12日、台湾の蔡英文総統は、8泊9日の外遊に出た。2016年5月、総統就任以来、4度目となる。総統専用機には、F16戦闘機4機が護衛にあたった。蔡英文総統が就任以来、既に4ヵ国と断交していた。2016年12月には、西アフリカの ...

全文

「安倍政治に『労組』戦後政治の終焉を見る」
―立憲民主党の伸び悩み必定―
(2018年8月22日)

 朝日新聞には非難する口調で「安倍一強」という言葉が連日のように出てくる。安倍内閣の支持率はこの2~3年、35%と50%の間を行ったり来たりしている。国政選挙は衆参各2回、計4回やっているが、いずれも自民党が勝っている。続けて4回勝った首相は初めてではないか。 ...

全文