【お知らせ】 国際社会における日本の歴史観を正しく認識してもらうために「対外発信助成会」を設立いたしました。多くの方々のご賛同をお待ちしております。(詳しくはこちら)


トランプ政権の350隻海軍を巡る諸問題
(2017年4月4日)

 我が国を取り巻く安全保障環境の動向を考察する際に、米軍と人民解放軍(PLA)の軍事バランスを分析することは重要である。特にアジア太平洋地域における米海軍と人民解放軍海軍(PLAN)の将来動向を分析することは不可欠である。 筆者は現在、ハーバード大学アジアセン ...

全文

澁谷 司の「チャイナ・ウォッチ」 -214-
母親を侮辱された息子による取立屋殺害事件
(2017年4月3日)

昨2016年4月14日、山東省で悲惨な事件が発生している。中小企業の貿易会社(山東源大工貿有限公司。2009年創立。主に車のブレーキパッドを生産)社長・蘇銀霞(女性)は会社の資金繰りに困り、2015年7月と11月、高利貸(不動産会社の社長・呉学占)に2回に ...

全文

新刊のご紹介
(2017年3月30日)

『トモダチ作戦 気仙沼大島と米軍海兵隊の軌跡の"絆”』
著者:ロバート・D・エルドリッヂ
出版社:集英社
定価:560円(税別)  ...

全文

森友学園騒動の終焉
―籠池元理事長の証人喚問で安倍首相夫妻の疑惑晴れる―
(2017年3月29日)

 森友学園をめぐる安倍晋三首相夫妻の関りは、証人喚問された同学園元理事長の籠池泰典氏の証言で、およそ霧が晴れたのではないか。民進党など野党は直接の働きかけがなくとも役所が首相の意向を忖度(そんたく)して便宜を与えたに違いないとして、財務官僚など関係者を喚問する ...

全文

嫌韓報道は保守派を敗者にする
(2017年3月29日)

 ある日刊紙に「韓国人は自らの影を隣国に投影するな」という記事を書いた。長すぎるなら「自らの影を隣国に投影するな」でもいいと編集者には伝えた。類似した問題は日本人の韓国論にだってあるのだから。デジタル版にはそのままのタイトルで掲載されたが、 ...

全文

澁谷 司の「チャイナ・ウォッチ」 -213-
中国共産党による「習近平思想」の創出
(2017年3月29日)

 今年(2017年)3月23日、香港『明報』紙が、今秋の中国共産党第19回全国代表大会(「19大」)で、共産党は党規約に「習近平思想」を入れると伝えた。中国共産党が、習主席の“神格化”を意図していることは明白だろう。 1949年、共産党が中国大陸で政権を樹立し ...

全文