【お知らせ①】 第37回 定例シンポジウムを開催致します。 テーマ:「朝鮮半島の現状と将来像」 ―日・米・中・露はどう見る―  登壇者:屋山太郎氏、武藤正敏氏、百田尚樹氏、村井友秀氏、ケント・ギルバート氏  開催日時:平成29年10月19日(木)14:00~  多くの方々のご参加をお待ち申しております。  【お知らせ②】 国際社会における日本の歴史観を正しく認識してもらうために「対外発信助成会」を設立いたしました。多くの方々のご賛同をお待ちしております。(詳しくはこちら)


澁谷 司の「チャイナ・ウォッチ」 -233-
栗戦書スキャンダルと中国政商達の命運
(2017年8月4日)

 今年(2017年)7月、『サウスチャイナ・モーニング・ポスト』(『南華早報』)がウェブ上では18日、紙媒体では翌19日「シンガポール・ペニンシュラホテルへの投資者は、習近平の最側近と、どのような関係があるのか」を掲載した。 ところが、同紙は翌20日、突如、記 ...

全文

「森友・加計・日報は国政の核心ではない」
―安倍内閣支持率急落は野党支持率アップにならないのは何故―
(2017年8月2日)

 最近、若者の自民党の支持率が高いまま、維持されている。50~60年前、自民党支持と言えば“年寄り”とか老人の代名詞のようだった。私が通信社に入社した昭和30年代は「日米安保条約に賛成」する社長がいて、びっくり仰天したものだ。卒業した大学では、教授も学生も「安 ...

全文

「破綻寸前のベネズエラ」
―大統領は元バス運転手―
(2017年8月1日)

 今、南米のベネズエラが揺れに揺れている。先月30日に野党がボイコットする中で強行実施された制憲議会選挙では545議席の全てを与党候補が独占した。国際社会の強い非難にも拘わらず、現マドゥーロ政権は新憲法を成立させることで野党が圧倒的多数を占める通常議会を完全に ...

全文

1300人拉致事件の顛末
―「刀伊の入寇」から学ぶ今日的教訓―
(2017年7月28日)

 日本史を勉強した人でも今から約1千年前、1019年に起こった「刀伊(とい)の入寇」を知らない人は多い。しかし、この出来事は日本史上で初めて発生した外国勢力(海賊ではあるが)による大規模な侵攻であり、日本人365人が殺害され、1300人近くが拉致されるという未 ...

全文

「安倍政権支持率急落⇒『解散』言えない民共」
―「自民党」と「都民ファースト・維新+α」二大政党制の兆しあり―
(2017年7月26日)

 大手メディア各社の世論調査では安倍内閣支持率が7月半ばの時点で急降下し、軒並み30%台にまで落ちた。しかし政党支持率は殆ど変わらず、一強多弱のままの様相だ。いつでも無党派層が6割程度存在するので、急降下は無党派層に見放されたからだろう。 ...

全文

注目すべきベトナム人の理系才能
(2017年7月26日)

 今月、ブラジルで「国際数学オリンピック」というイベントが開催され、その結果が先日発表された。ベトナムから参加した6人の高校生は、金メダル4個、銀メダル1個、銅メダル1個を獲得。全参加国中で第3位の好成績を収めたとのことで、現地で大きく報道されている。ベトナム ...

全文

日報への誤認識と説明不足が生んだ空騒ぎ
―相も変らぬステレオタイプな虚像にはしるメディア―
(2017年7月26日)

 「日報」問題で防衛省が揺れている。「疑惑ぬぐえず」「文民統制は機能しているのか」「隠蔽体質」「陸自の反乱」等々、メディアは相変わらずセンセーショナルに書きたてる。「森友」問題や「加計」問題と共通しているのは、最も重要な本質的議論が抜け落ち、枝葉末節が肥大化し ...

全文