国際社会における日本の歴史観を正しく認識してもらうために「対外発信助成会」を設立いたしました。多くの方々のご賛同をお待ちしております。(詳しくはこちら)


澁谷 司の「チャイナ・ウォッチ」 -277-
「習近平思想」とは何か?
(2018年1月25日)

 今年(2018年)1月19日、第19期中央委員会第2回全体会議(2中全会)が閉幕した。その2中全会で「習近平思想」の憲法入りが決定されたという。3月の全国人民代表大会(全人代)では、それは間違いなく承認されるだろう。「習近平思想」は「毛沢東思想」や ...

全文

アルゼンチンに奇跡を起こす大統領
(2018年1月25日)

 ポピュリズム(大衆迎合主義)の風潮が世界に蔓延する中、敢えて反ポピュリズムの旗を掲げて国家再建を図ろうという政治家が世界に2人いる。そのうちの一人は昨年のフランス大統領選挙で新興政党から立候補し、極右の国民戦線を破ったマクロン大統領だが、もう一人はアルゼンチ ...

全文

「二階幹事長と山口代表の中国観の拙さ」
―中国の地球規模覇権戦略を阻止せよ―
(2018年1月24日)

 トランプ政権は19日「国家防衛戦略」を発表し、「中国は地球規模で米国の主導的地位にとって代わろうとしている」との警告を発した。17年10月の共産党大会で習近平主席は長文の報告書の中で2050年には米国に匹敵する軍事力を持つとの目標を表明した。中国の軍事費増は ...

全文

澁谷 司の「チャイナ・ウォッチ」 -276-
中国の対台湾「星火T計画」
(2018年1月19日)

 2018年、年明け早々、中国共産党による台湾併合計画が明るみに出た。これを「星火T計画」と言う。この計画は、現役の台湾軍人を中国側に取り込み(オルグし)、「中台統一」を実現することが最終目標となっている。しかし、大多数の台湾島民は「中台統一」を望んでいない。   ...

全文

混迷が続く欧州の難民受け入れ問題と日本の状況
(2018年1月19日)

 百万人を超えるシリア難民が欧州に押し寄せ、世界の耳目を集めたのは2015年、わずか2~3年前のことである。最近はあまりこのニュースを聞かなくなったが、問題は解決したのか。残念ながら答えはノーである。中東やアフリカからの難民は欧州への最終出発地であるトルコとリ ...

全文

「『国際条約』も『国家間合意』も履行できない韓国」
―治国不能を棚に上げ「反日」で留飲を下げる韓国の卑しさ―
(2018年1月17日)

 慰安婦問題をめぐって日本と韓国は2015年12月の首脳会談で、「最終的かつ不可逆的な解決」で合意した。昨今、慰安婦問題の韓国側の言い分は、日本が謝罪しなければならないことを「行った」という ...

全文