国際社会における日本の歴史観を正しく認識してもらうために「対外発信助成会」を設立いたしました。多くの方々のご賛同をお待ちしております。(詳しくはこちら)


「広がるクール・ジャパン」
―訪日外国人による日本人古来の「武士道精神」の理解高まる―
(2017年9月27日)

 最近、日本株が上がりっ放しである。と言っても株式市場の話ではない。日本人の親切さ、丁寧さ、きれい好きなどに加えて、日本人の人柄がいいと褒めちぎられている。恥ずかしい。NHKの「クール・ジャパン」という番組で、外国人が良いところを褒めてくれる。 ...

全文

澁谷 司の「チャイナ・ウォッチ」 -247-
魏京生による中朝関係の見方
(2017年9月25日)

 かつての中国民主化運動家の闘士、魏京生は、現在、米国に亡命している。魏は、1976年の「第1次天安門事件」を契機に起きた「北京の春」(1978年秋、北京市西単の「民主の壁」で中国の民主化を訴える)で活躍した。だが、魏京生は中国当局に、2度逮捕された。 ...

全文

中国による訪日旅行制限と「福建人ネットワーク」
(2017年9月24日)

 先週、中国当局が現地の旅行会社に訪日旅行者数を減らすよう通達を出した、という報道が流れた。背景には中国政府が資本流出を抑制する狙いで中国人の海外旅行の規制を強めるのではないかとの懸念がある。ここ数年の我が国の好景気は、インバウンド需要、特に中国人旅行者による ...

全文

雲行きが怪しくなってきた北朝鮮情勢
(2017年9月22日)

 9月3日、北朝鮮は国際社会の警告を無視して6回目の核実験を強行した。国連安全保障理事会は11日、新たな制裁決議を全会一致で採択した。厳しい制裁に慎重な姿勢を示してきた中国やロシアも賛成に回った。当初の制裁決議案には、 ...

全文

澁谷 司の「チャイナ・ウォッチ」 -246-
北の核実験に対する北京と東北3省の反応
(2017年9月22日)

周知のように、今年(2017年)9月3日、北朝鮮は6度目の核実験を行った。これに対する中国政府の反応を再考してみよう。他方、東北3省人民の反応も興味深い(後述)。まず、前者は、自由亜洲電台(「自由アジア放送」“Radio Free Asia”=RFA)の趙岩のコラム概要を紹介する。 ...

全文

「安倍首相、10月総選挙を決意」
―憲法改正に向け新たな道筋を模索―
(2017年9月20日)

 安倍首相は10月下旬に総選挙を行う決意を固めたようである。解散を決めた第1の要因は、総選挙によって憲法改正を発議できる両院の3分の2の議席を確保できる目途が立ったからだろう。現行でも自公合わせれば3分の2を確保しているが、改正の眼目は9条に「自衛のために自衛 ...

全文

マクロン新フランス大統領の人気凋落が意味するもの
(2017年9月19日)

 エマニュエル・マクロン氏がフランスの大統領に就任して早4ヵ月になる。政治基盤を持たない若干39歳の青年が「共和国前進!」という中道政党をにわかに創設して大統領選挙に立候補した時はダーク・ホースとすら見られず、いわんや当選を予想する者はほとんどいなかった。むし ...

全文