― 目次 ―

会長挨拶日英同盟を彷彿させたメイ首相の来日屋山太郎
巻頭言明治150年を迎えるに当たって丹羽文生
【特集】「我が国が直面する内政・外交問題」
戦後73年、大きく揺らぐ世界秩序
―外交・安全保障政策と日本の自立―
屋山太郎
憲法第9条の発案者は幣原首相かマッカーサー元帥か西  修
朝鮮半島との関係は日本外交にとって最大の試練
―核・ミサイルを放棄しない北朝鮮とどう向き合うのか?文在寅政権下の日韓関係は今後一層難しくなる―
武藤正敏
国家の最高指導者に必要な資質
―内政と外交の観点から―
渡部悦和
ワシントン D.C.で米国の国家安全保障政策・戦略について考える廣中雅之
安倍外交に転機、戦略修正も名越健郎
忍び寄る中国の尖閣諸島奪取への対処髙井 晉
中国「19大」の人事澁谷 司
日韓関係の「歪み」を正す奥茂治氏の闘い
―出国禁止・韓国からの報告―
篠原 章
深化する日台関係の課題柚原正敬
【特別寄稿】
「ベトナム戦争世代」の読書遍歴坂場三男
 進行する“パナマ現象”の現実児玉 博
野党共闘で最も得をしているのは日本共産党筆坂秀世
日米安全保障条約と日米修好通商条約(その2)石川裕一
印中関係とアジアの平和ペマ・ギャルポ
【特別研究】 
 北朝鮮の弾道ミサイル解説西村金一
 中国海警局の特徴と日本の対応下平拓哉
【講座】
東亜の大戦乱に太平洋問題調査会が果たした役割について福地 惇
Key Note Chat坂町】 
102~106回 報告と雑感長野禮子

― 目次 ―

会長挨拶 行動で浮かび上がるトランプ氏の人物像 屋山太郎
巻頭言 ―身独立して―国独立す 丹羽文生
【特集】「羅針盤なき世界へ」―日本の進むべき道とは―
資本主義は“実験”結果を教訓として育っていく 屋山太郎
新しい時代に対応できる国家へ 古森義久
ぶれても揺らがぬトランプさん 藤崎一郎
中国の海洋進出と対抗戦略 村井友秀
日本は韓国・北朝鮮に関し冷酷なる羅針盤をもって歩め 古田博司
トランプ政権と日米同盟 火箱芳文
日米首脳会談後の「次の一手」を考える 織田邦男
対露外交をどう立て直すか 名越建郎
安倍政権の対中政策 澁谷 司
「リベラル国際主義」の動揺と日本の将来 佐藤丙午
アナーキーな世界においても日本は王道を歩め 渡部悦和
【特別寄稿】
天皇陛下のベトナム御訪問、「戦後」を終わらせる旅 坂場三男
  「9・30 事件再考」
―「インドネシア共産党(PKI)の興亡」を読んで―(下編)
千野境子
日本共産党第27回党大会
―最大のインパクトは小沢一郎氏の登壇―
筆坂秀世
【特別研究】  
  金正恩委員長は南侵の決断を躊躇しない
―南北の軍事衝突から日本人の命を守る対策を考察する―
西村金一
  日本の防衛力強化と役割の拡大
―専守防衛にまず必要なもの―
下平拓哉
【講座】
「日米和解」は如何にあるべきか
―戦争挑発者は誰だったか―
福地 惇
Key Note Chat坂町】  
94~97回 報告と雑感 長野禮子
   

― 目次 ―

新春を迎えて天皇は続くことに意味がある平川祐弘
会長挨拶政治の安定が国民の安寧をもたらす屋山太郎
巻頭言吉田政治「負の遺産」丹羽文生
【特集】35回 定例シンポジウム報告
    「中国の本質に迫る」―政治・経済・軍事・外交―

中国の地域的、地球的及び宇宙的な兵力の投入リチャード・フィッシャー
(Eng.)China's Path To Regional,Global and Space Power ProjectionRichard D.Fisher Jr.
中国の「反日」構造を探る古森義久
 中国の三戦(世論戦・心理戦・法律戦)
―米国防省ネットアセスメント室の資料から―
小野田治
中国共産党の行動原理村井友秀
【特別寄稿】
ベトナム中部地域の戦略的重要性と中核都市ダナンの発展坂場三男
 「9・30 事件再考」
―「インドネシア共産党(PKI)の興亡」を読んで―(上編)
千野境子
米大統領選の結果と今後の日米関係をどう読むべきか浅川公紀
日本共産党の衆議院選挙戦略と悩ましい党勢の現状筆坂秀世
トランプ新政権で「変わるもの」、「変わらないもの」、「変えるもの」吉田正紀
【特別研究】 
 2016 年夏の北朝鮮ミサイル発射は、中国との連携プレーだ
―その背景にある中国の軍事戦略―
西村金一
 日本の防衛
―海洋安全保障からの3 つの視点―
下平拓哉
≪講座≫
「欺瞞の歴史」を克服して國體の復権を目指そう福地 惇
Key Note Chat坂町≫ 
90回 報告と雑感長野禮子

― 目次 ―

会長挨拶我が国を取り巻く外交・安全保障環境
平林 博
巻頭言松陰の攘夷論とグローバリズム
丹羽文生
【特集】我が国が直面する外交・安全保障問題
日本外交の基本は古来「対中国」
屋山太郎
英国のEU離脱と欧州統合の課題
坂場三男
中国の南シナ海人工島造成と日本の安全保障
香田洋二
 南シナ海問題をフィリピンから見て―王様は裸―
卜部敏直
ベトナムと南シナ海の仲裁裁判所判決グエン・フン・ソン
(Eng.)Vietnam and the South China Sea's Arbitral Tribunal Rulings

Nguyen Hung Son

 極東開発協力は領土問題解決の橋頭堡になるか

 ―安倍首相、対露「8項目提案」の焦点―吉岡明子
 


新たな時代を迎えた日米安全保障協力
中国の南シナ海進出に対する仲裁裁判所の裁定
著しく変化してきている北朝鮮の軍事的脅威
蔡英文政権発足後の台湾と最近の香港情勢
避けられない韓半島の現状変更
小野田治
髙井 晉
西村金一
澁谷 司
洪  熒



【特別寄稿】
日本国憲法成立過程2題
西  修
 インドネシア共産党(PKI)の興亡

―9.30事件の顚末―(その4)
現場は真のシビリアンコントロールを待ち望んでいる
清水 濶
織田邦男

【特別研究】 
 高高度電磁パルス(HEMP)攻撃の対応準備を急げ
鬼塚隆志
 日米同盟の深化と海上自衛隊
―協調と拒否による創造的関与戦略―


下平拓哉
フランスから見る欧州・中東・アフリカ情勢(その3)
テロの脅威が続くヨーロッパ
フランスで起きた神父殺害事件から―




吉田彩子
≪講座≫
「欺瞞の歴史」について
福地 惇
Key Note Chat 坂町≫ 
86回~89回 報告と雑感長野禮子

― 目次 ―

会長挨拶慰安婦問題の日韓合意は生き続けるか平林 博
巻頭言修学旅行の適地-人気上昇中の台湾-丹羽文生
【特集】日韓に横たわる諸問題を再考する 
いま慰安婦とアメリカ
古森義久
(Eng.) America and the Comfort Women Today
韓国は日本や米国との関係を見直そうとしている武藤正敏
東洋的専制諸国家と日本国(上篇)古田博司
 冷戦終結後の日韓関係と「進歩主義」の挑戦倉田秀也
日本人が韓国に伝えるべきこと鄭 大均
慰安婦問題の本質と支配・被支配の枠組み千鶴子・アレン
(Eng.) The Paradigm that Supports the Korean Comfort Women 
 Redress Movement
 単なる教科書問題ではない:継続する「歴史戦」の本質マイケル・ヨン、
ジェイソン・モーガン
(Eng.) Not a Textbook Case : The True Nature of the Ongoing 
 History Wars
【特別寄稿】 
 「正論大賞」を受賞してジェームス E.アワー
ベトナムの新しい共産党指導部人事と対外政策の行方坂場三男
インドネシア共産党(PKI)の興亡 (その 2)清水 濶
対テロ予算肥大化の脅威を直視する小松啓一郎
【特別研究】 
 ランド研究所との戦略対話と誤報「ランド研究所の図上演習:日本敗北シナリオ」について川村純彦
 ミャンマーの戦略的重要性と日本のアプローチ(3)下平拓哉
 フランスから見る欧州・中東・アフリカ情勢(1)
テロ脅威と移民難民問題を抱える欧州諸国
吉田彩子
≪講座≫
「常識の歴史像」の正体を知ろう福地 惇
Key Note Chat坂町≫ 
81~84回 報告と雑感長野禮子

― 目次 ―

会長挨拶徒労に終わった抗日戦争「勝利」70年記念行事平林 博
巻頭言「現行憲法の自主的改正」未だ成らず丹羽文生
【特集】知られざる沖縄の過去と現在の実態
琉球王朝はなぜ中華思想にゆさぶられたのか
いしゐのぞむ
在沖縄米軍構成員の法的地位と犯罪の防止髙井 晉
沖縄の地政学的重要性と辺野古移設問題ケビン・メア
 沖縄の米軍基地グラント F.ニューシャム
日本初の海底電信敷設船「沖縄丸」の軌跡
島田勝也
日本共産党と沖縄篠原常一郎
 おきなわの世替わりと自衛隊石嶺邦夫
 集団自決軍命令の虚構を暴く奥 茂治
 沖縄の若者と常識人は辺野古基地を期待する宮平大作
【特別企画】日本と中国の戦後70年を考える
 恐れるな!日本は、先の大戦を自らの言葉で語れ用田和仁
 中国の抗日戦争・反ファシズム戦争勝利70年記念軍事パレードについて 矢野義昭
 戦後70年・安倍首相談話をどう読むか藤岡信勝
【特別寄稿】
1970年代初期のインドネシアに在勤して清水 濶
 生物兵器の実態―その知られざる重要性―小松啓一郎
インドからの手紙(その3
急速に接近する印日米関係
ルーパク・ボラ
【特別研究】 
 ミャンマーの戦略的重要性と日本のアプローチ下平拓哉
 国際法からみた南沙群島における人工島建設髙井 晉
フランスからのインテリジェンスレポート(その7)
フランスから見るヨーロッパの不法移民・難民問題
吉田彩子
≪講座≫
帝国主義列国に翻弄された日本帝国(上)福地 惇
Key Note Chat坂町≫ 
78回~79回 報告と雑感長野禮子

《バックナンバーはこちら》