4月22日に行われました第42回定例シンポジウムは、コロナ禍にも拘らず満場のご出席を頂き、盛会のうちに終了致しました。ありがとうございました。

第42回 定例シンポジウム
「日本が直面する中国リスクの現状と打開策」
―国防・政治・外交・経済・学術―

「2+2」の集積:インド太平洋における印日関係

 安全保障上の共通の課題が志を同じくするアクター達を団結させている。強まりを見せる中国の自己主張は、正にインド太平洋地域の政治、経済、外交上のパートナーシップ関係に対するインパクトをもたらしているが、 ...

全文

「憲法改正世論調査」
―古色蒼然の共産党―

 9月末日までに行われる解散総選挙について、立憲、国民、共産の野党3党は地域別にどのような取り合わせがいいか、思案している。しかしこれまでの選挙のような発想は通用しないだろう。「憲法改正はしない」と昔語りをしている内に、大衆の意識はすでにその一歩先を歩いている ...

全文

米中覇権争いで、いきなり南北統一も

 1989年10月25日、ソウルを訪問した西ドイツのブラント元首相は記者会で、「ドイツ統一はいつ頃可能か」との質問に「欧州が統合された️10年後に可能だろう」と答えた。しかし、その日から半月で東西ドイツを分断するベルリンの壁は崩壊した。東ドイツのホーネッカー書 ...

全文