■【新着情報】会長・屋山太郎と織田邦男氏のコラムを掲載致しました。 ■【推薦書籍】平井宏治氏の著書と、岩田清文氏、武居智久氏、尾上定正氏、兼原信克氏の共著を掲載致しました。

第44回 定例シンポジウム
「台湾海峡危機と日本の安全保障」
―第1 回政策シミュレーションの成果と今後の取組—

ウクライナ侵攻前に現れていたロシア連邦保安庁FSBの混乱の予兆

 2022年2月24日、ロシア軍が突然、ウクライナに侵攻した。正規軍17万人をはじめ特殊部隊、民間軍事会社などが投入されたが、思っても見ないロシア軍の脆弱ぶりが明らかになった。こうした状況に加え、ロシア軍に対応したウクライナ軍の予想以上の善戦も相まって、 ...

全文

「ドイツの国防政策の大転換」
―共産党が足枷になる日本の政界―

 ロシアのウクライナ侵略によって、ドイツの国防政策ががらりと変わった。その変わり様は、恰も左から右へ一変したかのようだった。それまでのドイツの生き方は、できるだけ軍備を少なくし、経済発展を図って国民を豊かにするというものだった。軍事費はGDP比1.5%程度で、 ...

全文

インドへのロシアの影響力をどう切り崩すか

 2022年5月9日、ロシアでナチスドイツに対する戦勝記念パレードが行われた。近年、ロシアでは、この日に愛国心を高めると同時に、軍事力を強くアピールする傾向がみてとれる。実際に、ロシアの外交は、軍事力に基づいている。ロシアのウクライナへの侵略に対する反応は、そ ...

全文