国際社会における日本の歴史観を正しく認識してもらうために「対外発信助成会」を設立いたしました。多くの方々のご賛同をお待ちしております。(詳しくはこちら)


澁谷 司の「チャイナ・ウォッチ」 -289-
安倍外交への悪評と金正恩外交への好評
(2018年4月20日)

 今年(2018年)2月から3月にかけて、韓国では平昌オリンピック・パラリンピック(以下、平昌五輪)が開催された。これを境に、朝鮮半島情勢は一気に流動化し、和平ムードが高まった。平昌五輪前、米朝間では戦争の危機が叫ばれていた。だが、局面がガラリ一変している。 ...

全文

「『反自民』で結集を試みる野党」
―政策無き野合は国民への背信行為―
(2018年4月18日)

 一強多弱の状況のまま選挙に突入すれば、野党の側に勝ち目はない。このため野党を一本化し、共産党も候補者を下して協力するのは有効だ。しかし反自民という旗だけ掲げることは、野党が何を考え、何を目標にしているかを分からなくする。旗幟を鮮明にして、その方針に賛成する人 ...

全文

新刊のご紹介
(2018年4月18日)

 当フォーラムの季報へ多くの執筆をいただいております、防衛省防衛研究所主任研究官の下平拓哉氏の記事が米海軍協会(U.S. Naval Institution)機関誌 Proceedings Today(Online)に掲載されていますので、ご覧ください。 ...

全文

澁谷 司の「チャイナ・ウォッチ」 -288-
依然停滞気味の中国経済
(2018年4月17日)

 周知のように、今年(2018年)3月25日、北朝鮮の金正恩委員長が非公式ながらも電撃訪中を果たした(同月28日まで)。金正恩委員長と習近平主席は犬猿の仲だった。それにも拘らず、金委員長はついに北京詣でを実行したのである。 ...

全文

国籍別で最多となった来日ベトナム人の犯罪
(2018年4月16日)

 2017年末時点で我が国に在留するベトナム人は技能実習生や留学生を中心に26万2000人、前年末比で31%も増えている。それ自体は悪いことではないが、私が残念に思うのは彼らによる犯罪も著増していることである。先般、警察庁が発表した来日外国人犯罪統計によれば、 ...

全文

澁谷 司の「チャイナ・ウォッチ」 -287-
米中貿易戦争であっさり白旗を挙げた中国
(2018年4月12日)

 よく知られているように、米国は長年、対中貿易赤字で苦しんでいた。他方、中国側は圧倒的な対米出超で外貨を稼いできた。今なお、北京政府は国内の過剰生産物を海外、特に米国へ輸出したいに違いない(アジア・インフラ投資銀行<AIIB>を利用した「一帯一路」はその好例だろう)。 ...

全文

「世界一安全」と評価された日本の大都市
(2018年4月11日)

 既に数か月前のことになるが、英誌「エコノミスト」の調査部門が「安全都市インデックス2017」という国際指標を発表していた。2015年に最初の指標が発表されて以来、2回目であるが、評価対象となった世界の主要都市60のうち第1位が東京、第3位が大阪という順位は変 ...

全文