■【お知らせ】JFSS副会長・葛西敬之の「お別れの会」が8月29日(月)13時より帝国ホテル東京(孔雀の間)で執り行われます。 ■当フォーラム最高顧問の安倍晋三が参院選応援演説の最中に銃撃され、緊急手術の甲斐なく7月8日夕刻、逝去致しました。謹んでご報告致します。 ■【新着情報】会長・屋山太郎氏、古森義久氏のコラムを掲載致しました。 ■【推薦書籍】石平氏の共著を掲載致しました。

第2回 政策シミュレーション
「徹底検証:台湾海峡危機 日本はいかに備えるべきか」

世界に理解されないプーチンの思想と論理
―今も生きるソ連時代のゆがんだ理想―

 かつて米国のディーン・ラスク国務長官は、「独裁者は自己の発言を必ずやるものだということを信じなかったために民主主義諸国は膨大な代償を払わされた」と発言した。このラスク氏は、ジョン・F・ケネディ大統領時代の国務長官であり、一貫して共産主義に対する軍事行動をため ...

全文

バイデン政権の国防予算にみる軍事消極性

 アメリカのバイデン政権が3月末に発表した2023会計年度の国防予算が国政の場で懸念や批判の対象となった。その一例としてアメリカ議会上下両院の軍事委員会でも、超党派の議員たちから増額を求める声がすでに起きた。こうした批判の基盤には、ロシアのウクライナ侵略に象徴 ...

全文

ロシア・スパイ帝国の終焉かー連邦保安庁FSBの凋落

 かつて旧ソ連時代、ソ連国家保安委員会KGBは、ソ連共産党と一体化し、国家そのものとも言って良いほどの権勢を誇った。中国やその他の共産圏諸国の情報部を指導・支援し、一大情報帝国を築いた。西側諸国、特に米英との秘密戦は熾烈を極め、KGBは米国の原爆開発計画(マン ...

全文