「新着情報」更新:古森義久氏の記事を掲載致しました。 「推薦書籍」更新:向田昌幸氏の著書を掲載致しました。

第157回 Key Note Chat 坂町
「日韓関係と朝鮮半島情勢」

アフガニスタン崩壊と日本への教訓

 アメリカのバイデン大統領のアフガニスタンに関する決定は同大統領への自国内での広範な非難だけでなく、国際的にも深刻な課題をいくつも提起した。同大統領は8月16日、休暇先からホワイトハウスに戻り、全米向けの演説で今回の決定の理由などを説明したが、この演説にも与党 ...

全文

「世界のジェンダー・ギャップ指数」
―日本120位は間違い?―

 世界経済フォーラム(WEF)と言う団体がスイスにある。この団体は1971年に誕生し、毎年各国の経済・社会の実情を分析している。長く続いているから信用はあるのだろう。しかし分析結果の中の「ジェンダー・ギャップ指数」というのが毎年気になって仕方がない。ジェンダー ...

全文

アフガニスタンで勢力を拡大する「タリバン」、注目すべき中ロの動き

 8月15日、アフガニスタンで、米国や日本など各国が支えてきたガニ政権が崩壊し、スンニ派過激勢力「タリバン」が20年ぶりに首都カブールを制圧して権力を再掌握した。元々、「タリバン」は、1994年11月、アフガニスタン南部カンダハール州マイワンド郡でマドラサ(イ ...

全文

「宏池会を去る古賀誠氏」
―最早「軽武装、経済重視」の時代は来ない―

 元老の一角を占めていた古賀誠氏(80歳)が、かつて会長を務めていた宏池会(現岸田派)を離れるという。現宏池会の行き方にほとほと失望したのが本音のようだ。読売新聞(7月26日付)に岸田文雄氏の心境が詳しく語られている。これを読んで古賀氏の言動を知り、正直、こん ...

全文