【重要!】2020年3月3日(火)の国際セミナーの開催は中止と致します。(詳しくはこちら)

「納得できない習近平国賓来日」

 安倍首相は昨年6月の習近平中国国家主席との会談で、「日中関係は完全に正常な軌道に戻った」と言明し、その上で、「来年の桜の咲く頃に習近平主席を国賓としてお迎えし、日中関係を次の高みに引き上げていきたい」とさらなる関係改善に意欲を示したと報じられている。この方針 ...

全文

澁谷 司の「チャイナ・ウォッチ」 -417-
すっかり中国に経済を依存する北朝鮮

 昨2019年12月22日、ホスト国から北朝鮮労働者が“追放”された。2017年、国連安保理決議2397号は、核・ミサイル実験を繰り返す北朝鮮に対し、制裁を課した。同年11月29日、同国が大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星15」を試験発射したためである。 ...

全文

「東京五輪の警戒態勢は」
―ロンドン五輪の警察と軍の協力態勢に学べ―

 東京五輪に向けた警戒態勢はどのようなものになるのか。2012年のロンドン五輪の際は英国空軍戦闘機「タイフーン」が広範囲を見張り、同じく空軍のヘリコプターがオリンピック公園の上空で直接警戒を行った。仮に不審機を見つけた場合、ヘリに同乗した狙撃手が命令を受けて、 ...

全文

「トランプ流対中ココム構築で世界秩序の維持図る」

 米中戦争はかつての米ソ冷戦の様相を帯びてきた。米ソ冷戦でソ連は軍事力で米国を超える量を追及したが、軍事力を支える先端技術の分野で明白に敗北し、91年にソビエト連邦を解体せざるを得なかった。西側の勝利の決め手はココム(対共産圏輸出統制委員会)だった。 ...

全文