秦郁彦著『慰安婦と戦場の性』を基にした「慰安婦」に関する専門書を英訳本として出版致しました。(詳しくはこちら)

【海外セミナー報告】「東シナ海を巡る安全保障環境の変化と国際社会の対応」~北東アジアの安全保障環境―法の支配と地域秩序~

 2月22日にベルギーのブリュッセルにおいて、竹島問題と尖閣諸島を巡る状況を焦点に、「北東アジアの安全保障環境―法の支配と地域秩序」というタイトルでセミナーを開催致しましたのでご報告致します。 ...

全文

世界史上最も成功した日米同盟を襲う危機
~弾道ミサイル攻撃から日本を守る攻撃力保有は不可欠に~

 1月19日、日米安保条約が改定されて60年を迎えた。日米同盟は歴史上最も成功した同盟といわれている。冷戦時、ソ連の脅威に対する抑止力としてNATO(北大西洋条約機構)と共に、日米同盟は西側陣営の重要な役割を果たした。 ...

全文

澁谷 司の「チャイナ・ウォッチ」 -422-
連敗続きの習政権に新コロナウイルスの脅威

 昨2019年11月24日、香港では区議会議員選挙が実施された。周知のように、同選挙では「民主派」が地滑り的勝利をおさめている。  中国共産党は、この区議会選挙でなぜか「親中派」の勝利を疑わなかった。香港の「サイレント・マジョリティ」が暴力を伴う「民主化」運 ...

全文

「野党連合遠のく」
―「容共」と「反共」は合流できない―

 野党合流が目前まで行きながら、年を越してしまった。目下のところ解散の可能性が小さいので、実現の見込みはさらに遠のいた。枝野立民代表と玉木国民民主代表の会談が何度か行われたが、決裂した原因は明らかにされず推測あるのみである。敢えてそこを強引に分析してみる。 ...

全文

澁谷 司の「チャイナ・ウォッチ」 -421-
台湾海峡両岸の選挙結果と民主主義

 最近、中央人民政府駐香港特別行政区連絡弁公室(以下、中連弁)の王志民主任が事実上、更迭された。香港では「逃亡犯条例改正」反対デモ(「反送中」デモ)が、徐々に「民主化」デモへと転化した。2017年から、王志民は中連弁のトップを務めていたが、 ...

全文