澁谷 司の「チャイナ・ウォッチ」 -253-
習近平主席の女性達と彭麗媛夫人の女友達

.

政策提言委員・拓殖大学海外事情研究所教授 澁谷 司

 香港「銅羅湾書店」は、中国共産党の内情暴露本を出版・販売している。その店長や店員らが、2015年10月から12月にかけて、中国公安に拉致されたり、大陸で拘束された事件は記憶に新しい。
 同書店は『習近平とその6人の女性達』という書物の出版準備をしていた。だが、それが習近平主席の逆鱗に触れたのである。
 スウェーデン国籍の桂民海は、タイで中国公安に拉致されて大陸へ連行された。以前、桂民海は中国国内で飲酒運転をしていて事故を起こしていた(若い女性が死亡)。桂は裁判で「懲役2年、執行猶予2年」の判決を受けている。
 英国籍の李波も同様な手口で香港から拉致され、中国大陸へ連行された。他の3人(香港籍)は大陸へ行った後、一時失踪している。
 結局、その暴露本は発行停止処分となった。
 周知のように、習近平主席は、かつて2度結婚している。
 まず1979年、習近平主席は、柯玲玲と結婚した。彼女の父親は、駐英国大使にもなった外交官である。柯玲玲は習主席と英国での暮らしを望んだが、主席はそれを拒否した。そのため、1982年、2人は離婚している。
 次に、1987年、習近平主席は、中国軍所属の歌手、彭麗媛と再婚した。彭は、人民解放軍での階級は少将であり、軍総政治部歌舞団団長を務めている。
 さて、習主席には、かつて数人の愛人(恋人)がいたと言われる。
 第1に、1969年、習近平主席が16歳前後の頃(「文革」で陝西省延安へ下放されていた)、習主席は小紅という名の初恋の女性に出会っている。小紅の父親は軍事科学院の軍官だった。
 習近平主席は、友人に小紅を襲わせて、自ら彼女を助けるという役を演じたという。習主席と小紅とは3ヵ月の短い交際だった。1977年、2人は北京で再会した。その時、習近平主席は清華大学の学生で、小紅は既に人妻となっていたのである。
 第2に、1991年以降、習近平主席は、福建省福州市委員会書記の時代に、同省東南テレビ局の美人キャスター、夢雪(姓は馬だか、本名は不明)と関係があった。
 1989年、東北地方出身の夢雪は、瀋陽人民ラジオ・テレビ局でキャスターを始めている。彼女がキャスターを務めた番組の視聴率は高かった。
 1991年、夢雪は福建省へ行った。中国華芸放送の対台湾宣伝放送では、夢雪は全国で第1位になっている。
 習近平主席は、彭麗媛夫人が全国を飛び回っている間に、夢雪と関係を持つようになった。習主席と夢雪との関係は、公然の秘密だったと言われる。
 第3に、習近平主席は、現在副首相の劉延東とも関係があったという。劉延東は習主席より7歳以上も年上である。どういう経緯で、習主席と劉延東が男女関係になったのかは不詳である。
 第4に、習近平主席は女優の劉暁慶とも関係を持っていたという。劉は、1987年の『芙蓉鎮』(謝晋監督)で、主演女優を務めた。同映画等で、劉は第7回金鶏賞最優秀主演女優賞を獲得している。
 その後も、劉慶は次々と映画・テレビ・舞台で大活躍し、中国でも屈指の大女優となった。私生活において、劉は3度離婚し、現在4度目の結婚生活を送っている(伴侶は米国華僑の王暁玉:William Xiaoyu Wang)。
 第5に、習近平主席は、有名美人キャスター、董卿とも付き合っていたという。董卿は、浙江テレビや東方テレビで活躍している。
 第6に、習近平主席は、柴玲とも関係があったという。1989年4月の民主化要求運動時、柴玲(北京大学心理学科卒)は、夫の封従徳と共に、運動の中心的役割を担っていた。しかし「6・4天安門事件」後、柴玲は香港経由でフランスへ渡り、その後、米国へ亡命した。
 一説によれば、たまたま頼昌星(厦門遠華集団董事長。密輸事件でカナダに潜伏していたが、逮捕され、中国で無期懲役の判決を受ける)が柴玲夫妻と知り合いだった。頼は習近平主席(当時、福建省寧徳市委員会書記)に夫妻の大陸脱出を依頼している。習主席が柴玲を逃がす際、2人は関係を持ったという。
 ところで、彭麗媛夫人は人民解放軍の歌手、劉敏(肩書は少将)とは付き合いが深い。彭・劉は共に姉妹のような愛情を抱いているという。
 2人は芸能界という非日常的世界に生きてきた。そのため、仮に彭と劉が同性愛の関係に陥っても、決して不思議ではないだろう。
 劉敏の夫、李剛は、中央政府駐香港連絡弁公室副主任、兼同駐澳門連絡弁公室主任だったが、最近、腐敗を摘発され立場が危うくなっていた。そこで、彭麗媛夫人が習主席にとりなし、結局、李剛は党籍を残し、1年間の観察という軽微な処分で済んでいる。