第43回定例シンポジウムは会場いっぱいのご参加を頂き、盛会のうちに終了致しました。

第43回 定例シンポジウム
「迫りくる中国の『赤い波』」
―危機に立つチベット、ウイグル、南モンゴル―

北朝鮮3代世襲に異常の兆し

 今年1月9日、朝鮮労働党第8回党大会で改正された党規約が最近、明らかになった。新たな党規約の特徴は、金日成・金正日の個人名が削除された点である。「敬愛する最高指導者」と呼ばれる金正恩総書記の名前は、新しい党規約に一度も登場していなかった。 ...

全文

「二階氏の存在が時局判断を誤らせる」
―中国を異形の大国に導いた日本の贖罪意識―

 二階俊博氏を自民党の幹事長に据えるのは相応しくない。氏は党内随一の親中派だが、内閣、党は必死の対中対抗政策を展開している。日本は「自由で開かれたインド太平洋構想」で、日米豪印をまとめ、G7では対中政策で協力をとりつけた。国の基本方針、外交方針とはかけ離れた人 ...

全文

EUを分断する一帯一路、ハンガリー、イタリアに仕掛けられた中国の罠

 ハンガリーの首都ブダペストで6月5日、中国の名門大学復旦大学(Fudan University)のキャンパス建設計画に反対するデモ行進が行われ、約1万人が参加した。キャンパス建設計画は、オルバン・ビクトル(Orban Viktor)政権が推進するもので、20 ...

全文